貧乳ならブラは要らないって本当?

ブラジャーは、だいたい胸が膨らみ始めた時から、女子は、ず〜と洋服を着るようにつけていますけど、

実はブラジャーなんか必要じゃないじゃない?
ブラを着け始める理由は、クラスの女子や友達が着け始めたから、私も・・・
と、言う理由が殆どじゃないかな。中学生か、小学校高学年ですよね。

 

 

大昔は、日本にブラジャーなんて無かったし。
何でブラジャーするのか、不思議ですよね。

 

 

私も、休日だとブラをせずにタンクトップで済ましていたり、Tシャツで済ましていたり。
友達にも聞いたけど、かなりの確実で休日はブラをせずに過ごしている事が判明しました(笑)。

 

ずぼら女子の集まりですかね。

 

 

この間、この答えとなるワコールさん発信の記事を見かけたんですがやはり、ブラジャーは必要との事でした。

 

 

ブラジャーをする事で、バストを保護する、形を崩さないとか・・・
実はバストをすっごく思いやっているものだったのですね。

 

 

それも、巨乳や胸が大きいから必要とかではなく
胸が小さくて、貧乳の女子もブラを着けておくのが、将来の為に必要だそうです。

 

 

胸の構造と言えば
☆乳腺
☆脂肪

 

この乳腺と脂肪たっぷりのバストを支えているのが「クーパー靭帯」なのですが、バストは年齢と共に柔らかくなるそうです。
年齢を重ねるとホルモンバランスが変わり、乳腺が萎んでいき、脂肪が増えるのでどんどん柔らかなお乳になり形が変わってきます。

 

 

柔らかくなったバストは、形が崩れやすく、下に垂れ下がってしまう・・・
これを防ぐのがまさに「ブラジャー」♪
垂れていない、形の変わっていない内からつけるのがいいそうですよ。

 

 

明日は我が身と、しっかりとブラでバストを守らなければ。
重力に逆らって生きる事はできませんからね。

 

 

何時までも”ぴちぴちぷりぷりのバスト”ではなくなります。
気が着いたらいつの間にか位置が下がっていたなんて・・・
バストの下垂はあまり元に戻りませんから、油断せずに気を引きしてめてバストの事を考えたいと思います。

 

 

胸の大きい人ほど、垂れては大変だと、しっかりした作りのブラをしている傾向がありますよね。
胸の大きな私の友達も矯正下着を着けていました。
大きな胸をしっかりキープして、形が変わるのを防いでいましたよ。

 

 

それに比べ、胸が小ぶりの女子は、ブラをつけるのを嫌がります、
キツイとか、苦しいとか言って・・・夏は汗もになるとか。

 

 

しかし、胸が小さいと思っていても日常生活でバストはかなり揺れているそうで
その度にバストはその衝撃に耐えているのです。

 

その衝撃も長く続けば、クーパー靭帯が伸びてしまい形が崩れてしまう原因になってしまうのです。

 

 

 

今のブラジャーってすごく進化していて胸に合うように作って有るみたいですし、
苦しい、キツイと思うのは自分に合っていないブラジャーを着けている可能性が高いですよね。

 

 

胸の形や柔らかさは人それぞれ、自分にぴったりのブラを探すなら
下着屋さんに言って採寸してもらい、実際アドバイスを聞きながら実着するのが一番だそうです。

 

 

ブラジャーと言ってもものすごい種類があるみたいですから
どんなブラジャーが自分に合うのか決めてもらうのもわくわくしますね。

 

1度、どんなブラジャーが自分に合うのかが分かれば、毎度毎度下着屋さんに行く必要もないでしょうから、
次回からは下着売り場で選んで買えば良いかと思います。

 

 

そうそう、下着屋さんでアドバイスをもらう時は、
そのブラジャーの付け方をしっかりマスターする事が大事だそうですよ。

 

 

自分に合ったブラジャーを正しいつけ方で着けるからこそ、ブラジャーの意味があるそうです。